十七戦地#7『花と魚』
脚本・演出/柳井祥緒
座・高円寺 冬の劇場21/日本劇作家協会プログラム
2014年12月12日(金)〜14日(日)
@座・高円寺1

あらすじ

ある夏の日。
宮崎県の小さな集落・坂根に正体不明の生物が現れる。
その生物は群れをなし海から来て、夜毎漁村を歩き回っては魚網を破り、干物や水揚げされた魚を食いあさっていった。
村おこしのイベントを控えた住民たちは、その生物を怪物と呼んで駆除を検討する。
しかし市の行政組織・集落支援センターと、村の自治組織・ふるさと会の長が駆除に反対。
貴重な野生動物として保護するべきだと主張。
怪物の駆除派と保護派で村が二分され対立が激しくなる中、ついに村人の一人が手を噛まれるという事件が発生する。
事態を重く見た村人たちは、駆除か保護かの判断を民間の野生動物調査員に委ねるが……。
2011年に旗揚げ公演として書き下ろされ、同年、第17回劇作家協会新人戯曲賞を受賞した十七戦地の代表作。

〈第17回劇作家協会新人戯曲賞選評より〉
『花と魚』は頭一つ抜けて面白かった。臨場感もある。
フィクションだが、虚構であることを使った「リアル」の手法が選ばれていて、センスと力量を感じさせる。
震災以降の時間が考えられており、放射能汚染に怯える日本の現実がきちんと描かれている。
イヨネスコの『犀』やゾンビ物的でもあり、そうした「終末」フィクション作品の系譜の中に置いたとしても、
しっかり作者の個性を表せていることに感心した。 (坂手洋二)

キャスト

  • 北川義彦
  • 柳澤有毅
  • 藤原薫
  • (以上、十七戦地)
  • 植木希実子(Bobjacktheater)
  • 真田雅隆
  • 澤口渉(ロデオ★座★ヘヴン)
  • 鈴木理保
  • 関根信一(劇団フライングステージ)
  • 鶴町憲
  • 浜野隆之(下井草演劇研究舎)
  • 森尾繁弘

スタッフ

脚本・演出柳井祥緒
舞台監督土居歩
照明シバタユキエ
音楽石倉久幸(Knitting & A Scene)
音響杉山碧(La Sens)
美術海老原翠(翡翠空間)
衣装藤田友
造形四谷きりん
ステージング鵜沼ユカ(3.14ch)
演出助手坂本なぎ
宣伝美術高橋りえ、四谷きりん
写真撮影伊原正浩
WEB・方言指導小幡光秀
フライヤーモデル北川義彦藤原薫
制作藤村恭子
後援杉並区
提携NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
助成芸術文化振興基金
協力マックスプロモート

公演概要

公演期間

2014年12月12日(金)〜14日(日)

  • 12月12日(金) 19:30
  • 12月13日(土) 14:00★/19:30
  • 12月14日(日) 14:00

※ 当日券販売、受付開始は各回開始の1時間前、開場は各回開演の30分前
★ 託児サービス
定員あり・対象年齢1歳〜未就学児・1週間前までに要予約
料金 1,000円

【チケット発売日】

11月1日(土)

【チケット料金】

料金(全席自由、前売・当日共通、税込)3,000円
学生2,000円
高校生1,000円
リピーター2,000円

※学生・高校生は十七戦地でのみ取扱い。
 会場受付にて学生証をご提示下さい。
※リピーター割引はご予約の上会場受付にて半券をご提示下さい。

【チケット取扱い】

※以下のサービスは座・高円寺チケットボックスで承ります 詳細は座・高円寺チケットボックスまで

  • 車椅子スペースをご利用の方は、前日までにお申し込みください(定員あり)。
  • 障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り1割引きになります。
  • 座・高円寺の劇場回数券「なみちけ」もご利用いただけます。
    「なみちけ」とは、4枚綴りのチケット引換回数券です。座・高円寺で上演する主催・提携公演であれば、
    お一人1枚1ステージにご利用になれます。ひとつの公演に何回足を運んでも、お友達と一緒に使ってもOK。
    一般用12,000円/1シート(3,000円×4枚)、学生及びシルバー用10,000円/1シート(2,500円×4枚)です。


公演会場

座・高円寺 (http://za-koenji.jp/)
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2
JR中央線「高円寺」駅北口より徒歩約5分

※土日・祝日の中央線快速は高円寺駅に停車しませんのでご注意ください。
※ 駐車場はございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。