1. HOME
  2. ブログ
  3. 理由。

理由。


劇団員では無い、
客演のヤナギサワです。
稽古は徐々にですが、
形となり物語の核心が見えて来たような気がします。
ここで気になるのがタイトルの、
「花と魚」
です。
タイトルだけを聞くと絵画ですか?
と思ってしまうのですが、台本を読んでいくと意味が解ります。
そして、
作家の柳井氏に聞くと、色々とタイトルの意味づけを内容に散りばめているじゃありませんか。
あらすじも含めまして、
気になっている方は是非ともお越し下さいませ。
役者一同、それぞれが背負う物を持って演じます[i:63911]
写真、上手に見えますのが作家兼、演出家の柳井氏です。
ブレていてスイマセン[i:63915]

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事