1. HOME
  2. ブログ
  3. 【劇団員からの証言】「柳井祥緒」について【北川/柳澤/藤原】

【劇団員からの証言】「柳井祥緒」について【北川/柳澤/藤原】

IMG_7127.jpg
大摘通信編集部(こと十七戦地制作部)です。
十七戦地の劇作家、演出家である柳井祥緒は一体どんな人間なのか。
関係者の証言を集めました。
今回は劇団員3人の発言を紹介します。
柳井は身近な人間からどう思われているのでしょうか。
●座長/北川義彦の証言
柳井はタイムトラベルにはリアリティを感じない脚本家です。
何度言っても書いてくれません(まぁ僕が読みたいだけですが)。
でもどうやら人類が魚類に変態するということにはリアリティを感じる脚本家です。
タイムトラベルと人が魚になることの差が僕にはよくわかりませんが、
ともかくリアリティというものを大事にしている人のようです。
●劇団員/柳澤有毅の証言
「脚本家」柳井氏の特徴としては、【蓮の花】が
キーワードとして挙げられるのではないでしょうか。
そして、もう一つは、【閉鎖された村】です。
『花と魚』『艶やかな骨』にも出てきましたし
『獣のための倫理学』でも、やはり関わってくると思います。
「演出家として」…かどうかは分かりませんが、
休憩中に豆乳と野菜ジュースをストロー2本同時に口に入れ、
器用に飲んでいる姿は今でも頭から離れません。
さらに、あえてキーワードを挙げるならば
【チベット体操】だと思います。
効果はさておき、健康に気を遣っている事だけは分かりました。
●劇団員/藤原薫の証言
初めて柳井さんにお会いしたときは不思議な人だと思ってました。
なんというか、地上から10cmくらい浮いてんじゃないかなぁというくらい、
おんなじ空間にいるはずなのにいないような印象で。
なので当初、夏場に柳井さんが半袖を着ていたり、
某稽古場の管理人さんが理不尽で「あのひと嫌い」と発言するだけで驚いてました。
「柳井さん暑いのかー!!」「柳井さん嫌いな人いるのかー!!」
って感じに。
それくらい、どこか人間ぽくなかったです(冷徹とかそういう意味でなくて)。
今はそんな印象はどこかへ行ってしまって知的なおちゃめさんという印象になってます。
とても可愛らしいかたです。
今回の台本ですが、読み始めは、はらはらドキドキ。
読みこむほどいろんなことがわかってきて毎回驚きがあります。
まるで宝探しをして宝を見つけたそんな気分になります。
***********************
いかがでしょうか。
少しは人となりをお伝えすることができたでしょうか。
また改めて客演陣の証言をご紹介できればと思います。

CoRich舞台芸術!十七戦地#4『獣のための倫理学』

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事