1. HOME
  2. ブログ
  3. 【客演俳優からの証言】「柳井祥緒」について【真田/浜野/関根】

【客演俳優からの証言】「柳井祥緒」について【真田/浜野/関根】

IMG_7882.jpg
大摘通信編集部(a.k.a.十七戦地制作部)です。
十七戦地の劇作家、演出家である柳井祥緒について。
客演俳優3人の証言を集めました。
稽古場での演出家としての一面、戯曲を読んでみての感想、それぞれご紹介します。

●俳優/真田雅隆からの証言

面白くて不思議な人だなと、それに良く笑う方。
…まぁそれは置いといて、共感が持てる作品を必ず書いてこられる、
凄い作家、演出家と、いつも思っています。
稽古場では、あっちへこっちへ走り回ってキャスト陣よりも動いていて、
年々フットワークが軽くなって行くなぁと感じています。
●俳優/浜野隆之からの証言
★稽古場での演出家としての柳井さんの印象
非常に柔らかい人だなぁと思いました。
慌てず押しつけずじっくり芝居を創る。
それでいて観客のひとりのように稽古を楽しそうに観ているので
役者としても非常にやり易い環境を提供してくれる、ありがたい演出家です。
★台本を読んでみての感想
緻密ですね。
伏線張りまくりなので
キーワードをちゃんとお客様に伝えるのも当然ですが、
いかにも「ここ大事ですよ」とお仕着せにならない程度に伝える
そのさじ加減が難しいな、と思わせる台本です。
●俳優・女優/関根信一からの証言
 柳井さんには、今回の客演のお話をいただいて、初めてお会いしました。日本劇作家協会新人戯曲賞受賞作「花と魚」の作者はどんな人だろうと、勝手な想像を膨らませていたのですが、待ち合わせの歌舞伎町の中華屋さんにいらした柳井さんは、作家というよりは俳優のような人だなあというのが、第一印象でした。
 劇作家というのはいろいろなものを抱えて悶々としているイメージがあるのですが、柳井さんはどこかさらさらとしたたたずまいなのですね。
 「獣のための倫理学」の稽古が始まってからの印象もほぼ変わりません。劇中で語られる事件はなかなかにヘビーなのですが、作家、演出家としてそれをいつも背負っている重たさはなく、やっぱりすっきりした物腰です。
 「浄化」という言葉が浮かびました。抱え込んで、それを書かずにはいられない思いは、書き上げて、または上演して初めて、すっきりした何かになるのだと思います(あ、少なくとも僕はそうなのですが)が、柳井さんは、書いている最中でもうすっきりしている。これはもう彼の中で「獣のための倫理学」の世界がきっちり完結しているということなのかもしれません。いただいた台本のセリフも、けっして勢いに流されない、論理的な涼しい言葉です。演出の姿勢もとてもおだやかで、混乱したり、激したりということはありません。
 そんな柳井さんですが、先日の衣裳合わせでは、僕が用意していったウィッグを「かぶってみていいですか?」と実際にかぶってみるというお茶目さを発揮されました(実はアイドル志望だという話も聞きました)。また、ある日の稽古場では、急に足がつってしまったかのようにもぞもぞし始めたかと思ったら、ジーンズの裾から履いてない靴下を片一方出すという、よくわからないシーンも見せてくれました(しかも「よくあるんだよね」と。なんでそんなことになるのかほんとにわかりません。)。
 最後に「獣のための倫理学」の犯罪研究会の主宰、市川玲子役に僕を配役してくださったことがとてもうれしいです。やりがいのある50歳の女性役、しっかり演じさせていただきたいと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事